上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
藤原紀香のストリップシーンです。

結構過激ですよ。

また脱ぐ前の黒いビキニがとってもいいです。



*動画画面に再生のボタンが表示されていない場合は、左下の再生ボタンをクリックしてください。


藤原紀香
神戸親和女子大学文学部英米文学科卒業。
資格は、英語検定2級、着物着付け3級など。
趣味は、女磨き、写真、釣り、加圧トレーニング、映画鑑賞、タンゴ、スポーツ全般、アロママッサージ。
設計事務所経営の父、専業主婦の母と3歳下の弟の4人家族である。
中学時代はバスケットボール部に所属し、高校時代は落語研究会に所属していた。
芸名は「親和亭かつお」だった。
体型が峰不二子に似ていると自負(『SRS』の番組内でコスプレした事があり、自身も50歳60歳になっても「峰不二子」の容姿でいたいと2007年2月16日の『スポーツニッポン』のインタビューで語っていた)。
和歌山県出身の両親が結婚前によく紀ノ川周辺でデートをしており、思い出深い「紀ノ川」の「香り」にちなんで紀香と命名された。

母親は紀香と同じ大柄で若き日には、第1回ミス和歌山コンテストに出場したが、ミスに選ばれなかった。また家族に反対され芸能界入りを諦めた。そのため紀香に期待し、娘のミスコン出場には積極的で、芸能活動にはとても協力的だという。2006年12月10日に結納の時に、うつむいて顔を隠して車に乗っていた為、報道陣に影武者として写真を撮られているが、影武者のつもりはなかった。また、同年の5月30日の披露宴に父と共にブラウン管に初めて写った。

自著である『藤原主義』によると、芸能界デビュー当初は実家から新幹線や飛行機で仕事場に通っていたが、阪神大震災で親戚や知人を亡くして「やり残したことを後悔しながら死ぬのは嫌だ。これからは自分の夢に向かって生きていこう」と決意し、親元から離れて上京することを決意したとのこと。その時、家族会議が行われ、母から「成功出来んかったら帰っておいで。」と言われるが最終的には上京を認めた。上京の際、父がトラックに荷物を積んで一緒に東京へ行ったという。

大黒摩季とは「のりぞう」「まきぞう」と呼び合う間柄。

ラジオDJパーソナリティである玉川美沙と同年齢で同じ関西人という繋がりで親交があり、彼女の番組『玉川美沙 たまなび』(文化放送)にもゲスト出演した。

風水を学問として捉え、かなり奥深く学んでいるらしい。陣内智則との交際・結婚についても風水建築デザイナーの直居由美里にみてもらっている。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://idoltube1.blog39.fc2.com/tb.php/36-cd2db21c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。